太陽光と蓄電池の相乗効果|太陽光発電・蓄電池の株式会社マエテック

  • tel:083-941-6702
  • 無料お見積もり・お問い合わせ
  • ソーラーフロンティア正規代理店

蓄電池の相乗効果

蓄電池は太陽光発電の効果をさらにアップさせます

太陽光発電の魅力は売電収入だけではありません。蓄電池とセットで使うことで、収入だけでなく、さらに省エネで大幅なコストカットも可能となります。高価な蓄電池ですが、導入によるメリット、補助金や税金などの費用面についてもご説明しています。

ソーラーフロンティア正規代理店の「マエテック」では、お見積もりはもちろん、導入シミュレーションも承っております。山口県で蓄電池を検討されている方は、ぜひ当社へお問い合わせください。

  • 太陽光と蓄電池はセットがお得!
  • 蓄電池導入設置費用と回収年数
  • 売電価格
  • 太陽光の税金・補助金制度

太陽光と蓄電池はセットがお得!

太陽光発電を検討する際に、よく耳にするのが「蓄電池」です。「蓄電池」とはパソコンや電気自動車などに使うバッテリーのような存在。太陽光とセットで導入することで、さらにお得に運用ができるので、見積もりや問い合わせの際に一緒にすすめられることも多いようです。

貯めることのできない電気は、「使う」か「売る」のどちらかしかできません。蓄電池があれば発電し貯めることができ、さらなるメリットを得られます。導入コストはやや高額ですが、国や自治体からの補助金を上手に活用して蓄電池を取り入れてみてはいかがでしょうか。

蓄電池のメリット

  • 災害や停電時に安心
  • 電気代の値上がり分の負担が不要
  • 夜間に蓄電池に貯めた電力を、昼間に利用できる
  • 昼間に発電した電気を夜に使え、電気代の節約ができる

蓄電池導入設置費用と回収年数

太陽光発電と蓄電池をセットで導入することで、多くのメリットが得られることはおわかりいただけたでしょうか。
蓄電池の導入を検討する際に、気になるのはやはり費用面の問題です。
太陽光発電だけの場合、昼間につくった電力を使い、余剰電力を売電し収入を得るのみですが、蓄電池で朝と夕方も貯めた電力でまかなえるため、朝から夕方まで電気代が無料になります。

夜間は格安の料金プランが適用されますし、夜間も蓄電池から使うことも可能です。シミュレーションを行い、蓄電池を利用した場合に何年で費用が回収できるかを比較検討してみてはいかがでしょうか。
導入する蓄電池の性能や価格にもよりますが、数年で元が取れることがわかれば、導入する価値は十分あると思います。

平成27年度の蓄電池補助金について

補助金金額には「基準価格」と「目標価格」があり、その2つの差額で補助金額が算出される仕組みになっています。

購入価格が基準値以下の場合
(購入価格-目標価格) × 2/3

購入価格が基準値を超える場合
(購入価格-目標価格) × 1/3

補助金を上手に使用し、快適且つ安心を得ることのできる「蓄電池」をご検討してみてはいかがですか?

売電価格

太陽光発電パネルの発電量によって利用できる買取制度が異なり、それによって得られる利益にも差が生じてきます。
10kW未満(住宅家庭用)の太陽光発電は「余剰売電」で10年買い取るのに対し、10kW以上(産業事業用)の太陽光発電は「全量売電」で20年買い取り。売電価格も、「全量売電」の場合は、20年間固定され、長期に渡って安定した収入を得ることが可能となります。

「余剰売電」は10年間固定なので、「全量売電」のほうが2倍もの期間同じ価格で売ることができ、買取価格もそれほどの差がないため、事業や投資としても有益な制度と言えます。
「グリーン投資減税」や他の制度が適用されれば、節税対策としても有効です。

太陽光の税金・補助金制度

太陽光発電には固定資産税と所得税がかかる?

太陽光発電システムは固定資産税の課税対象になることがあり、太陽光発電で得た売電収入は、売却益となるため所得税の対象となります。

このように書くと「ものすごく税金がかかってしまう」という、悪いイメージを持たれる方もいらっしゃるかもしれませんが、イメージしているよりもずっと課税額が少ないケースや、課税対象にならない場合もあるのです。

売電で得た収入は、純粋な所得ではなく、そこから経費を差し引いた金額が課税対象となります。その金額が年間で20万円を超えなければ課税対象とはならないため、設置パネルの大きさやワット数により、所得税がかからないという場合も。家庭用発電システムであれば、ワット数が少なく、課税されないケースがほとんどです。

補助金
例えば平成27年現在、山口県では10万円の補助金が交付されています。自治体により、利用条件や上限額が異なり、交付が終了している場合もありますので、お住まいの自治体にお問い合わせください。

さらに詳しく知りたい方はこちら

ソーラーフロンティア太陽電池モジュールの魅力「高い発電量」

ソーラーフロンティアはCIS太陽発電池を使用し、実発電(実際に太陽光発電が発電した量)を多くすることでお客さまにお喜びの声を頂いています。

高温時の出力カロスが少ない
真夏時、太陽電池モジュール温度は60~80℃に達し、出力カロスが発生します。CIS太陽電池は結晶シリコン系に比べ温度計数が少なく、高温時の出力カロスを小さく抑えることができます。
影の影響を少なく抑えることが可能
時間帯や季節によりますが、木や隣の建物によりソーラーパネルが隠れることで、発電量の低下を起こしてしまうことが、住宅用太陽光発電でよくある問題です。そこで安定した発電能力を維持させるためCIS太陽電池を開発しました。CIS太陽電池は陰の影響による発電出力全体への影響を防ぐことができます。
  • 蓄電池もお任せください、株式会社マエテックです
  • お見積もりは無料!シミュレーションや費用のご相談も承ります
  • 太陽光発電をご検討中の方へ
  • 太陽光と蓄電池の相乗効果
  • 産業用太陽光をご検討中の方へ
  • 当社が選ばれる理由(ソーラーフロンティア1次代理店・自社一貫施工・柔軟な対応・自社ソーラーで測定・記録)
  • 施工事例 株式会社マエテックは様々な施工を手掛けてきました。
  • 会社概要
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • よくある質問

Copyright © maetech All Rights Reserved.

pagetop